30代男性の結婚式・2次会パーティーの服装

結婚式・2次会パーティー、30代男性の服装はどうする?

 

30代になると年齢的にカジュアルすぎるのも…といった感じで、結婚式や、1.5次会パーティーなどの服装を気にする男性が多いみたいです。場の空気を読めてないなんて、白い目で見られるのは嫌ですものね。
その気持ち、女性の私でも分かります。

 

歳相応というわけではありませんが、30代の男性がが結婚式やそれに準じる1.5次会、公式なパーティーなどに参加する際の目安となる服装のマナーというものが実際にあると思います。
実は、同じような疑問を感じている人も意外と多いんですよ。

 

相手との関係で服装が変わる

 

結婚式やそれに準じる1.5次会、公式なパーティーなどでは、主催する人との関係でふさわしい服装が変わります。結婚式の場合に限定するなら、新郎新婦ですね。

 

「身内の結婚式で何を着ていったらいいか」という質問に答えてみたのでまずは参考にしてみて下さい。

 

兄の結婚式、ストライプスーツは駄目?

ご親族の結婚式なので、お父様に合わせることも必要かもですね。親族席に座るのですから、フォーマルウェアがいいのは当たり前でしょう。それが、お兄さんの結婚式を大切なものとして考えている、ということになるのです。お兄様もきっと嬉しく思ってくれるはずです。

 

また、20代前半ならともかく、30代でしたら、タキシードを持っていないのであればこれを機会に買ってもいいかもしれないです。
ウィングカラーのシャツがよく合いますよ。タキシードまでは行かないなら、いわゆる礼服ですね。
これからまだまだ使う機会があるはずですから。買っておけばいざという時に困らないです。モーニングや燕尾服までいかなくても、タキシードはあるとカッコいいですし、礼服は持っておいて損はないというか、これから必要な時もあるでしょう。

 

それから、新婦側の親族の方も、結構お相手の親族の服装チェックしていますよ。
年配の方でしたら特にそうです。お兄さんの顏を立てなきゃいけませんよ。

 

ストライプスーツは親しい友人の結婚式、それも二次会以降着替えて出席する場合が相応しいと思います。

 

page top