30代男性のお洒落なカジュアル服

ビジネス・カジュアルの基本

ビジネスカジュアルの定義ってとても曖昧です。
ですが、ジャケットを着用して、シャツ・パンツの組み合わせを基本に考えておくと失敗がないと思います。簡単にいうと、スーツでノーネクタイのようなスタイルですね。
この形がベースで、ジャケットをカジュアル目に変えて、パンツをチノパンに変えて…といった感じで、上品目にコーディネイトしていきます。
シャツは、固い会社だと、ドレスシャツが無難というところもありますが、襟が付いていればいいというところもあって、どこまで着こなしを崩せるかは会社の規定にもよると思います。

 

色々な会社を見てますが、シャツインできれい目のコーディネイトが、ビジカジになっているところが多いようには感じます。その場合、ジャケットは、お客様のところに行く時に着用するような感じみたいです。ただし、自分の会社のビジネス・カジュアルが他の会社でも通用するわけではないので、マナーの面では注意が必要です。
「社内でOKのビジネスカジュアルで、客先にいっても大丈夫でしょうか?」という質問が興味深かったので、取り上げてみますね。

 

 

社内のビジネス・カジュアルと、社外のビジネス・カジュアル

仕事で客先に行く時のビジネスカジュアルということなら、客先がどのような職種なのかによって、かなり違ったスタイルになると思います。
大企業ならともなく、中小企業や小さな会社だったら社長の考え一つで決まるといった感じです。
エンターテイメント系でしたら、ものすごくカジュアルな方がしっくりくることもありますし。その辺を前もってよく調べておいた方がいいですよね。

 

上司にも確認しておいた方が良いかと思います。こういう服装などで場の雰囲気を台無しにして、会社にとって重大な損失になっては大変ですから・・・。
30代なんですから、新人の失敗と同じものでは済まされません。

 

ジャケットがあるだけでも格好がつきますから、羽織るもので微調整できるようにしておきましょう。
結局、取引先のトーンに合わせる必要があって、最終的に無難なのはスーツなのかもしれません。

 

30代のカジュアル服をお洒落にするアイデア

30代だと、ある程度、今までの自分のスタイルがあるのではないかと思います。
お洒落に関心がないのでしたら、着やすいとかそういう基準で同じタイプのものばかり着ているのかもしれませんよね。

 

グローバルワークとかレイジブルーあたりのお店だと、確かにダサくなくてカジュアルなものが揃うのですが、おしゃれかと言えばそんなことはないでしょう。
少し値段をアップさせてビームスだと、カジュアル且つお洒落なものが見つかるかと思いますよ。

 

チノパンなどは履きやすいですので、好んで履いているとかでしたら、これに合うアイテムでお洒落なものを追加していくのが良いと思います。
例えば、デニムのような色でも、シャンブレーシャツなんてどうでしょうか?
結構お洒落に着れると思いますよ。
夏なら、ロールアップして着てもお洒落です。素材感が素敵ですよ!

 

 

page top