30代男性のお通夜・葬式・葬儀の服装

葬儀の服装

突然のこととなるお通夜に参列する際の服装は、地味な平服が基本です。
あまりびしっと揃っていると、まるで予期していたように思われてしまうからだといわれています。

 

喪服を着用するのは、本来は葬儀の場です。
ですが、お通夜も、もともとは近親者のみが参列するものでしたが、最近ではいろいろな人が行くようになり、喪服を着ている人を見かけることも多くなりました。

 

ということで、最近では、喪服でも良いですし、紺色などの服でもマナー違反とはなりません。
平日でしたら、職場から駆けつけたということになるので、平服でも尚のこと問題ありません。
ただし、喪服となると、上着を着ないのはマナー違反となるので、恐らく葬儀場の中では皆さん上下着ているかと思います。
また、それに合わせて温度調節もしていると考えられます。冷房対策の意味も兼ねて持参すると良いですよ。

 

page top